サツキの花が咲かない原因は?

f:id:vipwraith:20170609201606j:plain

サツキの花が咲かない原因は?


・剪定の時期が間違っている

サツキの剪定の時期は、花後1か月以内(6月中旬~7月中旬)が適しています。
秋や冬に剪定すると花芽を落とし、春に咲かなくなる、もしくは花数が少なくなります。

花後1か月以内に剪定すると、秋ごろに伸びた新芽で樹形が崩れ気になるかもしれませんが、
剪定は控えてください。
新芽が伸びることも考え、あらかじめ強めにさつきを刈り込んでおくのもいいかもしれません。

 

・土壌に問題がある

サツキは酸性土壌を好みます。
長い間植えていると、土壌の酸度が失われてきているかもしれません。

その場合はピートモス等の酸性土を混ぜ込み、土壌の改善を図りましょう。

 

・栄養不足

さつきに肥料をやっていないと、栄養不足で花が咲かないことも考えられえます。
リン酸が不足しているので、油粕などの有機肥料より
リンを含む化成肥料をあげてください。
 
皐月に肥料を与える時期は、花の終わる頃のお礼肥えと冬頃の寒肥です。
葉っぱの外周あたりの位置にまいてあげてください。

 

・虫に食われる

サツキは花の咲く時期に虫がつきやすく、
虫に食われ花が咲かない可能性も考えられます。

モスピランやスミチオンなどをサツキに与え、消毒、予防をしてあげてください。
モスピランやスミチオンなどはホームセンターで買えます。